• sidebnr01
  • sidebnr01
  • sidebnr01

外構デザイン・設計・施工

blog

素敵なエクステリアが続々と・・・

 

 

 

気が付けば、もう3月終り。

 

 

1か月後には、庭あその春イベントも

迫って参りました。

 

 

 

 

店舗の方でも、春らしい!そしてこだわりの植物や

雑貨・アンティーク什器まで慌ただしく入れ替わりの様子。

 

 

 

そして、エクステリア・お庭工事の方でも

年明けより続々と、素敵なシーンが生まれています。

 

 

 

 

 

でも・・最近なかなかHP仕事が出来ていないので、

いつも楽しみにご覧になっくれている皆さまスミマセン。

 

 

 

イベント後の連休明けあたりから、頑張ります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施工の様子BLOGでは、現場の進捗風景と合わせて、

デザインや施工のポイントなどもお伝えしていますが、

 

 

 

最近、あまりに飛び飛びになってしまっているので、

少しだけ、動きをUPしますね!

 

 

 

*直近の施工の様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピンコロサイズの自然石のアプローチ!

素材の表情を活かしたエクステリアになりそうですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建物のデザインがとっても素敵なファサード空間!

シンプルに植栽の動きを活かしたエクステリアを作りますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

建物のイメージにぴったりのお庭つくり!

新商品のオシャレ物置”カンナシュガー”がピッタリ‼

 

ガーデンウォールも活躍する、家族の安らぎ空間へ

リノベーション工事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタイリッシュなグリーンの外壁のエクステリア。

 

お洒落シンプルな、ポスト&ネームプレートがGOOD!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自然石にこだわった階段アプローチ。

 

そして、お庭にはガーデンルームやデッキフロア、

アールにデザインした塗り壁も印象的なエクステリアに・・!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうとにかく景色が最高!!

山の向こうに浜名湖が広がります。

 

 

こんな素敵な場所に、

味のあるこだわりアンティークレンガで

イングリッシュ風な空間作り

 

 

オリンピック記念レンガも使用する極上空間へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街中に現れる、風格ある樹木が立ち並ぶ邸宅。

 

 

建て替えで仮移植した庭園樹たちを、

モダンな空間で活かします。

 

 

質感とデザインが融合したエクステリアへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外観のインパクトだけではない!

 

 

建物内も見どころ満載のコンセプトデザインハウス。

エクステリアは敢えてシンプルに・・着工します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お洒落なエクステリアに、さらなる機能性を・・。

 

 

 

大規模イメチェン!

エクステリアリノベーション。

 

 

ええ!壊しちゃうの・・?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

などなど・・、

 

時間が無くて、ご紹介出来ていない素敵な

エクステリアたち・・!

 

 

 

 

詳細は5月の連休以降から・・・UPです !

 

お楽しみに (^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

庭のある暮らし

 

エクステリアを通して

 

住まいに価値を。

 

豊かさを感じられる

 

暮らしを提案いたします。

 

 

 

niwaaso  concierge

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施工の様子 庭あそNEWS | 2018.03.29

エクステリアを通じた暮らしのお手伝い③

 

 

 

前回お話ししました続き・・。

 

 

 

お庭への樹木移植から始まり、

お庭の機能的な風よけ工事に続き・・

 

 

 

そして新たなる、ご希望が・・!

 

 

 

 

 

 

でも聞いてみると、住み始めて少ししたあたりから

ずっと気になっていた所なんだそう。

 

 

 

 

「こんな事は出来るのだろうか??」

 

 

 

 

 

そんな思いから、表に出してはこなかったらしいのだが、

この際だからと相談いただけたことがキッカケに!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、勝手口のある建物東側の通路。

 

 

駐車場からお庭へと抜ける通り道になっていながら

通路幅が、そんなに余裕はない場所。

 

 

 

 

そんな場所には雨除けの屋根なんて付かないよね。

勝手口を出た時の目隠しなんて出来ないよね。

 

 

 

そんな風に考えてしまうのも分かります。

 

 

 

 

 

勝手口の上には、小ひさしを始め、照明器具や

換気用のダクトカバーが配されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それらを避けた上の方から屋根をつけるのは出来ますが、

高さのバランスや,横からの雨の吹き降りを考えると

どうも現実的ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらには、そのすぐ横に木目調のこだわりデザインの

入ったカーポートが。

 

 

 

スッキリとしたフラットデザインが素敵なだけに

取って付けたようなテラス屋根では見た目も台無しに・・。

 

 

 

 

 

何とか納得できるデザインには出来ないものか・・。

 

 

 

 

いろいろ悩んだ結果、上手くいけば・・という仮説から

LIXILのプラスGというグレードのテラス屋根をご提案。

 

 

 

 

 

 

さらには、テラス屋根を少し持ち出しして、

カーポート屋根に近づければ、

雨の日も濡れずに車庫からお家へ入るルートも出来る!

 

 

 

 

そんなハードルを上げるような理想も合わせてご提案!

 

 

 

 

 

 

 

 

とても気に入ってもらったので、そこから先に進めるために、

詳細な実測を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「下げ振り」という道具を使って、

上の方にあるカーポート屋根の角の位置を、

正確に地面に写し取ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次には、上の方まで登り、小ひさしと換気カバーの

すき間寸法などを念入りに調査。

 

 

 

 

 

 

テラス部材の詳細図をCADデータより読み取って、

施工レベルの寸法取りを行います。

 

 

 

 

 

 

 

その結果、「行ける!!」・・との判断に!

 

 

 

 

 

・・と言っても、簡単に取りつく訳ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

技術のある職人さんと何度も細かな収まりを、

想像しながら打合せ。

 

 

 

 

 

あーでもない、こーでもないと、理想の収まりを

模索しながらスタート。

 

 

 

 

 

加工もあるので、ミスが許されません。

もちろん強度面や建物への配慮も考える必要あり!

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはテラス屋根が完成しました!

 

 

 

 

 

 

 

 

外観はフラットな木目調フレームが続くデザイン。

屋根はついてるの?・・と気になりますが・・、

 

 

 

 

 

 

 

 

はい!しっかりと付いてますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここがLIXILプラスGテラスの良いところ。

 

 

外から見えるフラット枠の中に、テラス屋根機能が

収まるデザインなんです。

 

 

 

 

雨トイなども化粧カバーで一体化され、スッキリと

オシャレな仕上がりに・・!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな訳で、組み立ても他のテラスに比べ、とっても手間が

かかるのですが、それ以上の満足感を得られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

職人さんには1、2mm程度の誤差も許さない設定を、

上手に収めてもらいました。

 

 

 

 

何度も正確な寸法を出して、机上では計算できて

いても、実際にうまく収まるまでは気が抜けません。

 

 

 

 

 

 

 

難しいパズルが最後まできっちりはまって

完成するような、大変だったけど達成感のある仕事だったと、

職人さんも喜んで?! 言ってくれました!

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまでキレイに収まるのは奇跡的。

 

 

 

お客さまも喜んでくれたけど、

自分自身もとっても楽しかった仕事でした。

(収まらなかったら撃沈ですが・・)

 

 

 

 

 

そんな完成をよそに、次なる新たなご要望に挑戦!!

 

 

 

 

 

 

 

 

このテラス前面に、目隠し用のパネルを付けていきます。

 

 

 

 

もちろん規格仕様では商品がありません。

 

 

出来るかぎりスッキリと。

 

そして機能的に。

 

強度も考えたオリジナルなデザイン。

 

 

その完成と全貌は次回。

 

 

お楽しみに・・!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施工の様子 | 2018.03.22

エクステリアを通じた暮らしのお手伝い②

 

 

 

前回に続き、本日はお庭に設置したフェンス!

 

 

 

ご実家から大切な樹木がお庭にやってきて、植込み位置を

ご提案していく際に出てきたキーワード。

 

「お庭を通る風がすごくて、洗濯物なども吹き飛ばしてしまう事も・・」

 

 

 

 

エクステリアのご提案を長くやっていると、結構良く聞くフレーズ。

浜松はやっぱり風が強いんだなと確認させられます。

 

 

 

 

 

 

 

ウッドデッキやテラス屋根もあり、芝生に覆われたお庭は

機能的で楽しめるスペース!

 

 

 

それでも、周りにはなにも無い為、風はモチロン、

目線だっていくらでも入ってきそうです。

 

 

 

 

そんなご意見もあり、フェンスの提案をさせていただきました。

 

 

明るい植物の活きるようなお庭にしたい・・。

 

 

 

そんな理由で、使うフェンスにもこだわりました。

庭あそでも施工事例の多い、ポリカーボネイト製の板塀調フェンスです!

 

 

 

 

 

 

 

 

柱を建てて、欲しい高さの部分にだけフェンスを設置。

 

 

 

明るさは取り入れてくれる採光仕様。

耐久性もあるので風の強い場所でも長く使えますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

使用している商品は、ディーズガーデンというメーカーさんの

アルファウッドというシリーズ。

 

 

 

その中でも、明るさと目隠しが両立できる人気のクリアパネル仕様です。

 

 

 

板のすき間も自由自在。

ご希望に合わせてすき間を調整できるんです!

 

 

 

風よけや目隠しを重視する場合には、すき間1㎝がおススメ!

適度な目隠しには1.5~2㎝がおススメですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のすき間チョイスは1㎝。

お庭内に安定感とプライベート感が生まれました。

 

 

 

足元まで貼ってしまうと圧迫感もでますので、既存のメッシュフェンスのある

下側はそのまま活用するプラン♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外の田んぼ側から見るとこんな感じ!

 

 

板塀調のため、横の水平ラインが強調されスッキリきれいな

仕上がりになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一部には樹木も組み合わせた切替デザイン!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お庭全体のバランスを考えて、閉鎖感がでないように

樹木配置を調整いたしました。

 

 

 

 

明るく、機能的で、GREENも活き活き。

素敵なお庭空間の完成です!

 

 

 

 

 

 

どんな商品を、どんな位置や高さに使うか。

そしてどんなものと合わせるかで印象はまったく変わります。

 

 

 

 

ご要望に対し、適切なアドバイスを加えながらデザインする。

それがエクステリアプランナーの仕事。

 

 

 

アトリエ庭あそでは、そんな最適なご提案をプランナー全員が

心がけて取り組んでいますよ。

 

 

 

 

 

 

さて次回は、同じお客様の現場。

 

 

お話の中で出てきました、さらなるご要望にお応えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

またまた、数ミリ単位での位置合わせ。

 

 

 

職人さんも唸りながら、でも久々にやりがいがあったと

言ってもらえる収まり。

 

 

 

 

 

次回をお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

施工の様子 | 2018.03.15

エクステリアを通じた暮らしのお手伝い①

 

 

 

今回の施工の様子は、4回に渡ってのストーリー。

 

 

 

以前にエクステリアやお庭の工事をさせていただいたお客様から

ご連絡をいただきました。

 

 

 

 

 

 

写真は建物横を通って、お庭にむかうところ。

 

 

 

 

 

 

 

お庭には芝生が広がり大きなウッドデッキとテラスがあります。

 

 

 

 

 

 

 

周りは田んぼで、日当たりはバツグン!

 

 

でも浜松ならではの風の強い日には、

ビックリするほどの風圧を身に感じることも。

 

 

 

 

 

そんな中、適度に風を和らげながら、明るさも確保できる

ご提案をさせていただく事に・・!

 

 

 

 

 

 

 

この開放的すぎるお庭が、機能的で親しみのあるお庭へと

変貌していきますよ。

 

 

 

 

 

でも、その前に・・!

 

 

とっても大切なお話が・・。

 

 

 

 

 

 

実は、このお庭リノベーションのご提案をする前に

ご相談を受けたキッカケの内容というのが・・

 

 

 

 

 

「解体する事になった実家の樹木を移植できないか?」

 

というお電話でした。

 

 

 

 

 

 

ご実家を見に伺ってみると、そこには沢山の樹木や草花が。

お施主さまが、小さい頃から育ってきた環境。

 

 

 

移植が出来そうであれば・・。

 

 

 

 

そんな思いを大切に、お施主さまのご希望と

庭あそとしてのアドバイスも合わせてセレクト。

 

 

 

 

 

ちなみに・・

 

「移植」というのは、字のごとく移動して植えること。

 

 

販売されている鉢上げしてあるものや、根巻きのしてある

樹木に比べると、適応していた場所から掘りあげられ

移るので、枯れるリスクも伴います。

 

 

 

費用面を考えれば、同じ種類の樹木を買ったほうが

安く済むのが現実です。(特殊なものでない限り)

 

 

 

 

通常、当社では植え込んだ新設樹木には枯れ補償を

付けているので万が一、枯れてしまった時も無償で

植え替えしているのですが、

移植に関しては、やはり補償を付けられないのが事実。

 

 

 

手厚く保護して移植しても、枯れるリスクはやはり高いのです。

*リスクが高いと言っても、新設用に比べた場合の程度です。

*樹種により移植に強いものもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな条件をもってでも、長年いっしょに過ごしてきた

植物を大切にしたいという気持ちに応え、

最善の方法で移植をする事に。

 

 

 

 

いろいろな思い出もあるだろう、そんな樹木の中から

移植の出来そうなものをピックアップ。

 

 

 

 

 

そして場所をあらたに植えつけです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

移植に耐えやすいように、枝や葉を最小限にまで落として

ついでに樹形を整えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キンモクセイをはじめ、ナンテンやアジサイ、バラもあります。

 

 

 

強風で根っこの成長に影響が出ないように、

しっかりとした支柱で固定します。

 

 

 

 

 

 

 

 

移植された植物たちも、何だか活き活きして見えますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

豊かな暮らしに必要で大切なモノって、

こういったコトなんだろうなと思いながら・・

 

 

 

 

 

 

次回はお庭の板塀調パーティションのお話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

施工の様子 | 2018.03.01

家族の希望が詰まったエクステリア【後編】

 

 

 

前回の続き・・。

 

 

 

ご家族の希望が詰まった、新居のエクステリアです!

 

 

 

 

 

 

施工途中。まだ構造物の無かったお庭には

ご主人さまのご希望、バイクガレージが完成!

 

 

 

 

 

 

 

 

駐車場からガレージINしやすいように正面はシャッター式。

でも本体は駐車場スペースには出さずお庭の中に・・!

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、お庭内から見たガレージ。

お庭側には大きめの引き戸を設置。

 

 

外に回ってシャッターを開けなくても、

お庭から簡単にアクセス可能!

 

 

 

 

 

 

 

シャッターを開けると解放感が広がります。

 

 

 

この配置をご提案したのには訳が・・2つ。

 

 

ひとつは、お庭で遊んでいるお子様を見ながら、

バイクを触ったりできること!

 

 

そして、もう一つは・・、

 

 

 

バイクガレージと言えど、奥さまのご希望もあり

物置としての収納スペースも兼ねているところ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

奥側に柱の建たないタイプの収納棚。

 

 

 

 

 

 

まだバイクは入居してきていませんが、出入り時に邪魔にならない

デッドスペースで収納できるから中は広々。

 

 

お子さんの自転車もゆっくり置けますね。

 

 

 

 

 

 

 

しっかりと、照明・スイッチ、コンセントも設置。

夜間の出し入れにも便利な機能面です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回もお伝えしたように、お庭全体には芝生を敷きました!

 

 

アプローチを挟んで広い芝生スペース!

もちろんお子さんが走り回って遊べる空間です。

 

 

 

 

駐車場側を板塀と門扉でしっかりと区切って、

プライベート空間を確立させました。

 

 

 

外周にもフェンスがあるため、少しくらい目を離しても

お子さんが外に出ていかない配慮です。

 

 

 

 

 

 

 

 

門扉の内側、アプローチの脇には2本の樹木。

 

 

 

ご家族で選んだモミジと、ご実家からやってきたハナミズキ。

これからの家族の成長を一緒に見守ってくれる記念樹となりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リビングからも、お庭からも、そんな樹木を含んだ

お庭を眺められるウッドデッキは奥さまのご希望。

 

 

 

大きなテラス窓から出入りできるのはモチロン!

玄関からも続きになるように、玄関ポーチのタイルと

高さを合わせました。

 

 

 

昔の濡れ縁感覚のウッドデッキ。

機能的にもおススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

エントランスの表情は・・、

 

 

 

門扉は機能面と配置を考え親子開きをチョイス!

板塀と外壁面に合わせて、木調のアルミ門扉です。

 

 

 

化粧柱と呼ばれる、門扉の柱部分も木調にこだわっていただき

色合いをスッキリとまとめています。

 

 

 

 

 

 

 

こうして水平ラインを揃えることで広がりも演出できますね。

春になって植物たちが芽吹き始めると、素敵なエントランスが完成!

 

 

 

 

 

毎日の出入り口。

 

 

通るたびに嬉しい気持ちになってもらえると

いいですね!

 

 

 

そんな気持ちを盛り上げてくれる重要なアイテムがコチラ!

 

 

 

 

 

 

 

お施主さまのセレクト&こだわり!

 

 

 

エントランスには明るめの雰囲気を・・という

奥さまのご希望。

 

 

 

 

レトロなイメージも持つお洒落なポストは、

オレンジをチョイス。

 

 

ダイアル部分がアクセントになるようなデザイン。

そんなポストにぴったりの表札は、お施主さまが自ら購入した

持ち込みアイテム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木調のエントランスにとっても合った組み合わせで、

素敵な毎日の空間が出来上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アトリエ庭あそから生まれるエクステリアの空間は、

お客さまの大切な要素がいつも加わっています。

 

 

 

 

 

 

出来上がったエクステリア、そしてマイホーム。

ずっと使い続けるのは他でもない、お客さま自身。

 

 

 

暮らしていく空間にライフスタイルが加わることで、その空間の

魅力は何倍にも価値を増します。

 

 

 

 

 

 

それこそが庭あそがエクステリアで大切にしている価値。

 

 

 

 

 

 

 

私たちは、ただお洒落なだけの作品のようなデザインはしません。

 

 

 

 

 

 

 

お施主さまとお話を重ね、ご要望やライフスタイルを組み込んだ

プランしていくこそ、素敵なデザインだと思っています。

 

 

 

 

住まい方やデザインは十人十色。

 

 

アトリエ庭あそは、そこに経験や知識からほんのひとさじ、

スパイスを加えるだけなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の家にはどんなお庭が合うんだろう?

 

 

 

 

そんな時はぜひアトリエ庭あそまで、お声をかけて下さい。

きっと素敵な時間が生まれますよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

施工の様子 | 2018.02.25

家族の希望が詰まったエクステリア【前編】

 

 

 

お正月明け。

 

 

お引越しまでに!! ・・と新築の引き渡し後すぐに

着工させていただきましたお宅。

 

 

 

 

 

 

 

 

建築途中の早めの段階でご相談いただいた為、

ご提案前に早めの現地チェックができ、なにより!

 

 

 

 

 

 

 

 

境界線の収まりや現状地盤高さ、既存物の確認からご近隣道路の

広さなど、前もっての情報があるだけ、しっかりと安心なご提案ができます!

 

 

 

 

 

今回はご家族それぞれが楽しめるためのご希望を組み込み、

全体デザインは建物とのバランスに配慮。

 

 

 

 

既存物を活かしながら、ご家族の希望が詰まった

エクステリア工事の始まりです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のこちらの現場には、庭あそコンシェルジュ店でも店頭スタッフとして

活躍中のイケメン(←他称)君も現場手伝いに投入!

 

 

 

一応は2年ほど現場経験者との事。

 

 

 

さて、どれだけ活躍できるでしょうか?

 

 

 

 

今回は、完成時にはあまり表面化しない

現場途中ならではの安心ポイントも合わせてご紹介いたします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速、お手伝いのイケメン君が、建物周りの転圧に取り組んでおります。

 

 

 

 

最終的には防草シートを敷いた上で、砕石敷きとなる

建物周り部分。

 

 

 

 

 

不陸調整と言って、後ででこぼこと沈みが出ないように

配管に気を付けながらしっかり転圧をかけていきます。

 

 

 

 

 

 

こうするひと手間で、地盤はしっかりとしまり防草シートも

キレイに敷けます。おかげでシートも破れにくくなり防草効果もUP!

 

 

 

 

 

 

 

シートの重ね幅もしっかりと設け、配管周りも丁寧にカットし、

出来る限りすき間を減らして効果を高めます。

 

 

 

 

防草シートの敷き方ひとつ取っても、成果はぜんぜん変わってきます。

 

 

イケメン君。最初の作業は◎ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは着工前、昔の開口部なのか土留めブロックが無かった場所。

 

 

 

↑施工前の状況。

 

 

 

 

 

こちらは裏側になる為、コスト削減で普通のブロックに。

 

 

フェンスはお子さんがお庭から敷地内で目が放せるように

道路に出て行かないように境界に沿って新設します。

 

 

 

写真のフェンス柱にご注目!

 

 

 

 

「柱さわらないで」の注意書き!

 

 

 

職人さんによっては、施工後の固まるまでの養生中に

ついうっかりの事故を防止する為に、言葉に残して

伝えることも・・。

 

 

 

 

不具合を事前に予防することも、現場作業では大切なことです。

 

 

 

 

 

 

 

こちらはコンクリート打ちの直前。生コン車が来る前の

最終チェック。

 

 

写真でブロックや建物基礎に貼ってある緑のテープ。

実はコレ!養生を兼ねた墨出しライン。

 

 

 

正確に高さをみて仕上げ高さに合わせてテープを張る事で、

コンクリートのゆがみや飛び散りの汚さを軽減してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

型枠を固定する鉄筋の飛び出した部分にはキャップをして、

お客様はモチロン!職人さん自身もけがをしないように配慮します。

 

 

 

 

 

 

 

ご主人さん希望のバイク車庫となるスペースのコンクリートが

打たれました。

 

 

 

奥のウッドデッキ下も一緒にコンクリート。

わずらわしいデッキ下の雑草対策もこれでバッチリ!

 

 

 

 

 

 

 

 

工事の合間に、木材を塗装。

こちらは門廻りのフェンス用材料。

 

 

 

建物の木調に合わせて門廻りもデザイン。

お庭と駐車場を仕切る役割のフェンスになる予定です!

 

 

 

木材に塗る塗料もこだわり、しっかりと木目が出る仕様に。

木材内に浸透する塗料を塗る事で、材料の劣化を進行しにくくさせます。

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、工事はアッと言う間に進み、この日は最終に近い植栽工事!

芝生を敷いて、樹木を植えて、下草を植えて・・。

 

 

 

次回、完成になります!

 

 

 

 

 

続く。

 

 

 

 

施工の様子 | 2018.02.22

来客してくれるお客さんのために!! 続

 前回お話した天候の悪い状況の中、

.

 お約束した日に無事完成しました!!

     これも、急な工事段取りの変更も

.

協力してくれた職人さんに助けていただきました。

.

.

.

完成までの道のりをご覧ください!!

.

.

.

.

.

     今ある出入口のタイルと一体化するために差し筋アンカー使用

.

ポイント

     タイルに穴と、振動で余分な箇所が割れる可能性があるので

    先にタイルに切り込みをいれておくと安心です。

.

.

.

.

そして、完成形にむけて下地ブロックとフェンスの柱、下地モルタルと続きます。

.

  

.

 

計画した寸法に切断 ☛ 

.

 ☚ 左官さんの技 ☟

.

.

.

.

  上の工事を並行して、特別な機会で手すりの柱の箇所に穴あけ開始!!

.

 

.

.

.

 この日に塗り仕上げの予定でしたが、

.

  下地モルタルの乾きが悪くやむをえず明日に変更・・・

.

.

 この日は、3日遅れで塗装職人さんが駐車場のラインの施工に。

.

作業の間、明日の仕上げのためにヒーターで乾燥!!

.

.

そのかいもあり、塗り仕上げ完成!!

.

  

.

.

.

  残り1日。あとは風よけの板に、ポストや細かい調整・・・

.

   

.

.

そして、2月7日完成。2月8日から無事に通常営業できました。

.

.

 ぜひ、『カフェ ガク』さんご来店の際には

.

西風の具合や手すりなど気にしてみてください。

施工の様子 | 2018.02.19

色味を活かしたシンプルなエクステリア

 

 

 

本日ご紹介しますのは、ご新築にともなって

エクステリアのご提案をさせていただいたお客様。

 

 

 

 

 

 

直線を基調にブラックでまとめた外観のお家。

 

 

写真は引き渡し直後のもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

印象的だったのは、エントランス部分。

 

 

少し奥まった場所へ玄関ドアを設けてあり、

そして扉もシンプルなブラック。

 

 

 

 

お施主様のこだわりが見えます。

 

 

 

 

そんなお家にマッチするよう、出来るだけデザインはシンプルに。

 

そして色味でバランスを取るようにいたしました!

 

 

 

 

 

 

 

完成後のエントランスアプローチ。

写真は玄関側から外をみたアングルです。

 

 

 

二つのスリットラインに導かれるような

真っ直ぐなデザイン。

 

 

 

コンクリート仕上げに絞ることで、ラインを強調させる

ことが出来ます。

 

 

 

 

 

一方、建物のテラス窓前には・・、

 

 

 

 

 

一直線の縁側風ウッドデッキをデザイン提案!

 

 

建物の両サイドの壁が張りだしていることから、

出幅を小さくしスッキリと見えるように・・。

 

 

 

 

デッキの色は敢えてのブラウン!

 

 

 

その訳は・・。

 

 

 

 

 

 

 

分かりますか?

 

 

お施主様が建物でこだわった切り替えカラー。

 

 

玄関ホールの天井や軒下、バルコニー下の天井は、

木目のブラウンを入れて、黒の重いイメージをお洒落に変えています。

 

 

 

そういった要素を踏まえて、デッキカラーも合わせたと

いう訳なんです。

 

 

 

 

 

 

もう一つ、お打合せの中でのご要望に道路からの目隠し。

 

 

 

 

 

 

 

こちらは引き渡し直後の写真。

場所は大きなテラス窓の前あたり。

 

 

ちょうど縁側風デッキに腰かけた時の

視線に一致します。

 

 

 

 

 

ご新築「あるある」なんですが、

家を建てたらウッドデッキを作って・・!

 

 

・・と、ウッドデッキのご要望は多いのですが、

ウッドデッキは付けたものの、外部から丸見えであまり

活用してないんです。

 

・・と言う声も、良く耳にします。

 

 

 

 

せっかく作ったなら、ぜひ活用してほしい!

 

 

 

そんな事もあり、お庭の前には先ほどの色味を合わせて、

木調のパーティションを設置しました!

 

 

 

 

 

 

 

構造物に使っている色合いは3つ。

 

 

基調となるブラックに対し、切り替えアクセントの

ブラウン。

 

 

そして残りはシンプルなコンクリート色。

大き目なプランターもコンクリート製を使用。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本カラーもシンプルに3つに絞る事によって、

たった1本の樹木が印象に残るようなデザインなんです!

 

 

 

 

 

 

 

お庭には芝生を貼りました。

 

 

冬の寒さをしのぐため、施工直後は少し多めの目土でカバー。

 

春になって暖かくなってくると、土の下から新芽のGREENが

顔をのぞかせてくれますよ。

 

 

 

 

夏に近づき緑に染まった芝のお庭で、家族団欒のシーンが

目に浮かびます。

 

 

 

 

 

今から既に楽しみが広がりますね。

 

 

 

 

 

アトリエ庭あそでは、皆さまの暮らしに寄り添った

エクステリアをご提案いたしております。

 

 

 

 

建物と一体になったエクステリアの空間は

価値を増します。

 

 

 

 

 

そこに、お施主さまのライフスタイルを組み込んでデザインされた空間は、

さらなる魅力をまといます。

 

 

 

 

自分らしいお庭やエクステリアってどんなのだろう?

理想の暮らしは描けるかな。

 

 

 

 

ご新築でも、リフォームでも、エクステリアのご相談は

お気軽にアトリエ庭あそまで、お問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施工の様子 | 2018.02.09

来店してくれるお客さんのために!!

.

今回のご依頼を頂いたお客様は『カフェ ガク』様。

.

庭あそパンプキンズハウスの近くにある、おいしいランチが食べれるお店です。

.

数年、営業していながらお客さんの来店の際に気になっていた箇所を

.

より良く来店して頂けるようにリノベーションさせていただきます。

.

.

.

.

.

.

お客さんのご要望は大きくわけて3つ!!

.

.

.

.

★駐車場に目じるしもないのでとめやすく改善。

.

.

.

.

★出入りの赤いドア!!

西風が強くて開けにくいので風を防止したい。

それに伴って、全体的にデザインしてほしい・・・

.

.

.

.

  ★地元の年配の方もおおいのでスロープにしてあるので

 もうひとつのアイテムとして手すりをつけたい。

.

.

 

.

.

.

.

 これらの要望を考えつつ、自分もひとりのお客さんとしてランチに・・・

.

その体験の含めてご提案。そして工事の始まりです。

.

.

.

  

 .

.

工期は『カフェ ガク』の休日の2/1~2/7まで。

初日から曇/雨!! 2日目もあまり天気が・・・

※ちなみに、自分雨男。

.

約束の工期を守るために、職人さんなどの段取りを組み直しつつ奮闘中。

.

.

今まさに工事真っさい中。 今後の展開をお楽しみに!!

施工の様子 | 2018.02.05

pagetop

庭あそ株式会社
浜松市北区細江町気賀213 パンプキンズハウス内
エクステリア&ガーデン
アトリエ庭あそ

atelier niwaaso
浜松市北区細江町気賀213
パンプキンズハウス 2F
Tel : 053-523-9370 Fax : 053-523-9371
Open : 10:00am-5:00pm
※平日のご相談は午後2時から5時までとなります
定休日:水・木曜日
ショップ&ギャラリー
パンプキンズハウス213

pumpkins’ House213
浜松市北区細江町気賀213
パンプキンズハウス 1F
Tel : 053-523-3430 Fax : 053-523-3431
Open : 10:00am-5:00pm
定休日:平日(土日のみ営業)
ショップ&ギャラリー
コンシェルジュ676

concierge 676
浜松市北区細江町気賀676

Tel : 053-523-3430 Fax : 053-523-3431
Open : 10:00am-5:00pm
無休(年末年始、夏季休暇のぞく)

© niwaaso inc.