• sidebnr01
  • sidebnr01
  • sidebnr01

外構デザイン・設計・施工

blog

非売品のトレー

.

 先日、『タイル』ワークショプでオリジナルトレーをつくりました。

.

.

.

 参加者さんには、楽しみながら喜んでいただこうと思い

  選べるパーツを増やし

  より個性的なオリジナル性がでる企画にしました。

.

.

 

天然の素材にすることで同じ物がなく独特な味がでるので

土台には、〈ハードウッド〉をご用意。

.

(WSために、切断、穴あけ・・ペーパー仕上げはもちろん1枚1枚手造り)

.

.

  〈取っ手も3色から選択〉

.

.

         今回も〈大人気のコラベルタイル〉!!

 色の数。十数色からお好きな色を組合せ・・・

.

タイル目地は2色から  

.

.

.

※こちらのトレーのWSは材料の関係もあり次回はありません<m(__)m>

.

.

.

.

見本で作ったトレーは、お店に展示してあるので気になるかたはぜひ参考に!!

.

.

.

.

お店にはまだまだかわいいタイルも多数ありますので

 みなさんもご自宅でお好きなタイルを使って遊んでみてはいかがですか?

.

.

.

エクステリアスタッフblog MAS | 2018.03.02

名古屋出張での体験【後編】

 

 

 

 

前回の続き!

 

 

 

 

 

 

ここは、そう!

 

開かずの扉。

 

 

 

 

ランチタイム真っ最中にも関わらず、扉は閉ざされたまま。

 

 

でも、扉すぐ右横に表示されている看板をみる限り

営業している様子。

 

 

 

 

そのデジタル看板には・・・、

 

 

 

 

一期一会を大切にし、「感」の気持ちをいっぱいにしたいと

思うことこそ 世に生まれ、伝える使命

 

 

・・の文字。

 

 

 

 

 

 

 

行くしかないでしょ!!

 

 

 

 

 

 

 

その大きな扉を開きにいきます。

 

 

 

するとすぐにお店の方が駆け付けてくれて、

素敵な笑顔で声をかけてくれるではないですか(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

扉の内側。

 

 

 

 

 

すぐさま席の確認をしてくれ、私たち3名は予定にもなかった

扉の向こう側へ吸い込まれていくのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご用意いただいたテーブルへ!

 

 

 

 

 

 

 

 

店内はとても心地のよい空間。

 

 

 

空間は洗練されているが、そこにある人の息遣いや

動き、笑顔がその洗練された空間を包み込んでいる。

 

 

 

 

 

その一度きりの時間を大切にしようとしてくれる配慮が、

知らずと伝わってくる。

 

 

 

 

 

 

 

メニューを提示しながら、この後のお時間の猶予を

伺ってくれた。

 

 

 

 

店員さん:『コース全体で1時間半ほどは必要になって

しまいますが、この後のご予定はお時間よろしいでしょうか』

 

 

 

 

 

 

そう聞かれた先に、頭にふと浮かんだセミナーの開始時間。

 

 

 

 

 

私:「・・んー、大丈夫です!」

 

 

 

 

 

 

そのギリギリ感を察してくれた店員さんは、

丁寧ながらも手際の良い段取りを組み始めていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはオードブルから。

 

 

 

 

見た目にも美しいその料理は、味はモチロン

素材や演出にいたるまで、こだわりを感じられる逸品。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとつひとつ丁寧に料理の説明をしてくれながら、

会話の中に「キッカケ」をいくつも振りまいてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラを片手に座っていると、

 

「美味しく撮ってくださいね!」  

 

 

・・と、満面の笑顔でのプレッシャー‼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、何故かブレる。。

 

 

 

 

 

 

私:「このお皿は光が入ってキレイですね。

  そして写真にキレイに収めるのが難しいですね。」

 

 

 

 

そう言って、自分のカメラテクニックの無さを

1人カバーしてみる。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうもしていると現れた品。

 

 

 

 

 

お!これは。

 

 

海のような濃い塩味スープの中に浮かぶ

白子・ウニ・イクラ。

 

 

 

北海の・・・

 

 

 

 

 

そして次の瞬間。そそがれたのは液体窒素!

 

 

 

 

 

体験型のアレですよ。

 

 

 

ノーマの映画を見てから、ちょっと体験してみたかった

シーンの一つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スープの表面だけが一瞬で氷になり、

まるで氷河におおわれたかのような演出。

 

 

 

 

 

 

シャリシャリと氷を割って、一緒に食べる食材は

塩分と冷たさが混じり合って「」を伝えられました。

 

 

 

 

 

 

 

終盤にさしかかった、メインディッシュの直前。

 

 

 

 

 

ズラッと並ぶナイフ達が登場!

 

 

 

 

 

この意味は・・・。

 

 

 

 

ここはぜひ、あなた自身で体感してみてください!

 

 

 

 

 

私は見事に・・・(-_-;)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気を取り直して、美味しいお肉をいただきながら・・

 

 

 

 

 

 

 

そして最後!

 

 

 

やはり別腹! 最後の〆に。

 

 

 

 

 

 

 

 

写真のごとく、マカロンやアイスに踊らされ・・・

 

 

 

 

 

 

ギリギリと言った時間をやや過ぎながらも、とっても素敵な

時間と体験を楽しめたのでした‼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

偶然の出会いから「喜び」や「笑顔」を生み出していく。

 

 

 

 

 

日常にはそんなキッカケはたくさん落ちているのに、

どれだけの人が「喜び」や「笑顔」に変えられているのだろう?

 

 

 

 

 

 

 

自分たちもエクステリアという仕事を通して、

そんな幸せな「キッカケ」を提供できたらなと

思った一日でした。

 

 

 

 

 

 

BIG  THANKS   GRAND  DIA

 

 

 

 

 

【CHIA】

 

 

 

 

 

エクステリアスタッフblog CHIA | 2018.02.09

名古屋出張での体験【前編】

 

 

 

昨年の秋頃から、いつもに増して忙しく

少しじっとしていれば良いものの、ついあれこれ動いてしまい

4月末のイベントまで、何の余裕もない感じ。

 

 

 

そう言いながらも、「次」の何かが来ることを楽しみにしている自分。

 

 

 

 

静かにじっとする方法を見つけに行かなければ・・。

 

 

 

 

 

 

そんな訳で、ネタが貯まりに貯まっているので、順番にご紹介!

 

 

 

 

 

本日の話は、実は・・昨年の秋、11月のこと・・。

 

 

 

 

勉強会を兼ねて名古屋に出張に行った時のこと。

 

 

セミナーの開始よりだいぶ早めに会場近くに着いたので、

どこかいい所・・と、口コミをたよりに行ってみましたコチラ!

 

 

 

 

 

 

 

2017年の10/5にOPENしましたグローバルゲート。

 

 

 

写真は地下駐車場の入口にあった案内板ですが、

期待がもてそうです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビル内では、さっそく大好きな素材感を発見!

 

 

 

建物のデザインやショップも素敵ですが、そういった場所では

必ず素敵な素材に出会えるんです!

 

 

 

 

 

素材だけではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだOPEN前の店前シャッター。

 

 

こちらも◎。

 

 

こう言ったら失礼かもしれませんが、開いているより

このシャッターで閉じている状態のほうに魅力を感じてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

外に目を向けてみると・・、広く開放的な屋外テラス。

 

 

 

 

 

 

デッキを囲むように沢山の木々が、

心地の良い空間を生んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壁面にもビッシリと緑化されており、

スタイリッシュな直線デザインとも相性ピッタリ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空中廊下のようなGREENのトンネルの先には、

こんなスリリングな空間も。

 

 

 

もちろん先には進めないようになってますが、

この抜け感がきもちいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

建物内でも一際おしゃれなお店

 

garage

 

 

 

 

 

 

 

豊橋にもある植物をあつかうお店。

こちらの名古屋店もとっても素敵でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

なんて言っても看板からして、そのおしゃれ感を

物語っています。

 

 

 

 

 

 

しばらく建物内をブラブラして、セミナー会場に移動前に

ランチを・・!とお店を探していたら、

 

 

 

 

目の前に現れたのは、扉を閉ざしているお店!

 

 

 

 

 

 

 

扉の前にたっても自動で開くわけでもなく、

看板らしきメニューらしきものはあるのだが、

そしてやっていそうなのだが・・、

誰も出入りしていない。

 

 

 

 

 

開かずの扉?!

 

 

 

 

これは気になります‼

 

 

 

 

次回に続く。

 

 

 

 

【CHIA】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エクステリアスタッフblog CHIA | 2018.02.07

先行入手!貴重な1冊 『Xerophile』

 

 

 

昨日に代官山の蔦屋書店で発売が始まった書籍。

 

 

 

その名は

 

 

『Xerophile』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サボテンマニアはモチロン!

植物フォトグラフファンからは絶賛されそうな逸品!

 

 

 

ロサンゼルスでカルト的な人気を誇る園芸店

『Cactus  Store』が手掛けた写真集。

 

 

 

 

 

 

『Xerophile』は、過去80年間にわたり自生地で撮影された

膨大な植物記録の中から厳選し構成された1冊だそう。

 

 

 

 

 

サブタイトルには、

Cactus Photographs from Expeditions of the Obsessed

サボテンの虜となった者たちの探検記録写真

 

 

 

・・・とある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、発売より一足はやく並行輸入品を入手!

 

 

さっそく中身を覗いてみると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真の美しさや貴重性だけでなく、

その表情や背景までも時代の歴史を感じさせてくれる

1冊となっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サボテンマニアでなくても、自宅の本棚に1冊

ストックしておきたいお洒落アイテム。

 

 

 

 

 

 

 

明日からコンシェルジュ店のレジ後ろに展示しておきますので、

ご興味あるかたはぜひ、スタッフにお声をかけてみて下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日も、皆さまのお越しをお待ちいたしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エクステリアスタッフblog | 2018.02.03

研修いってきました!

 

 

浜松では連日寒い日が続きますが、先週はさらに寒いところに行ってきました!

 

 

愛知県犬山市にあります「100人乗っても大丈夫!」のイナバの物置の

 

 

CMでおなじみの稲葉製作所に1泊2日で研修に参加してきました!

 

 

一日目は雪はうっすら積もる程度でしたが、2日目の朝には

 

 

道が渋滞するほどに雪が積もっていました:;(∩´﹏`∩);:

 

 

 

 

 

そんな中、稲葉社長のご挨拶から始まり

 

 

稲葉製品の魅力などを勉強したり

 

 

工場見学で物置の実際の制作工程を見て周ったり

 

 

イナバ物置を実際に組み立てるなどをしてきました。

 

 

それぞれチームに分かれて組立競争をしましたが、

 

 

 

 

結果は6チーム中5位…残念

 

 

二日間でしたが、様々な方々とお話ができて良い経験となりました。

 

 

 

 

 

また明日から…(ง •̀_•́)งガンバル

 

【ZUNO】

エクステリアスタッフblog zuno | 2018.02.01

家族旅行なのに仕入れ?!【最終話】

 

 

 

 

前回からの続き。

今回いっきに最終話。

 

 

 

 

 

 

 

8:30のガラガラなキッザニア神戸の駐車場。

 

 

でも予約でいっぱい入れず。

 

 

 

アンパンマンミュージアム

 

 

はしゃぐ3歳児ほか、一時解散!

 

 

 

 

空腹により集合し、各自好きなものを

食べ歩き!

 

 

展示会組(親)と 水族館組(子)が分かれて

再度分散。

 

 

家族旅行なのに、なぜか仕事の展示会場へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ガーデンやインテリアにもおススメな

大きなプランター類を取り扱うメーカーさんへ!

 

 

 

新作を見たり、掘り出し物を見つけたり、

新たなステキな出会いがあったりと・・

 

 

 

今しか出来ない体験をして、子供たちのもとへ・・。

 

 

 

 

 

 

水族館に降ろしてからすでに3時間。

 

 

さすがにどうしてるのかな?

 

 

なんて思って電話をすると、とっくに水族館を脱出して、

11月の人気のない浜辺ではしゃぎまわっている4人。

 

 

 

 

どんなところでも自分たちの最高の場を見つけるんだな・・、

と、感心しました。

 

 

 

 

 

 

普段は夫婦そろって仕事に追われ、

それでも好きだから一生懸命にこなし、

 

 

そんな親の背中をみながら、

それぞれが個性一杯に育っていく。

 

 

 

 

 

 

たまにの家族旅行だから・・・、

 

 

家族全員が揃って出かける時間なんて

そうそうないし・・、

 

 

 

そんな思いも何のその、

子供たちはいつも通り。

 

 

そんな自分たちもいつも通り。

 

 

 

 

 

 

どんな所でも、どんな時でも、

いつも通りの関係。

 

 

 

 

そんな関係こそが家族なのかな・・と

 

 

 

何もない「日常」の幸せを再確認できた日でした。

 

 

 

 

 

 

早朝から始まったハードな1日目。

ちょっと変わった行程の家族旅行。

 

 

 

 

 

 

 

一日の終わりに、夜景のキレイなレストランで

ゆっくりと時間を過ごします。

 

 

 

 

 

 

 

みんなの記憶に残るような時間。。

 

 

 

 

 

 

六甲の夜景を眺めながら・・

ホテルでゆったりと・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出来ない!!

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら・・!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルの部屋をせわしなく行き来する子供たち。

 

 

 

いやいや、ホテルに到着する前にも・・

 

 

六甲山の山頂付近でガソリンがなくなり、

JAFがガソリン10Lを持って山頂上のホテルまで

駆けつけてくれたり・・

 

 

 

 

 

 

余りの寒さに・・

 

 

 

 

ピンボケ写真しか残っていない・・。

 

 

 

 

 

次の日の予定を決めていると

まさかのユニバーサルコールが。

 

 

 

2日目、また朝早くコンビニ朝飯で旅立ち

一日中あるき回りのユニバーサルスタジオジャパン。

 

 

 

 

 

 

その日は大阪のホテルに移動し、

またその翌日も、難波~道頓堀~アメ横など食べ歩き!

 

 

 

 

 

一緒に見たかった「司馬遼太郎記念館」へは、

時間内にたどり着けずに・・断念。

 

 

 

 

一行はその足で名古屋へ。

 

 

 

 

その夜にはセントレア空港に向かい、

翌日からカンボジア入りするmamaを見送り。

 

 

その後・・

 

 

 

日にちも変わった深夜に、やっと自宅に帰りつく。

翌日には保育園への送迎。

 

その足で仕事へ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、

 

相変わらずゆっくり出来ない弾丸旅行。

 

 

 

 

でも・・、

 

 

 

家族には忘れられない

記憶に刻まれた旅行になりました。

 

 

 

 

 

いろんな意味で・・・ 終。

 

 

 

 

 

 

【CHIA】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エクステリアスタッフblog CHIA | 2018.01.28

家族旅行なのに仕入れ?!【第3話】

 

 

 

 

前回よりの続き。

第3話。

 

 

 

 

 

 

それぞれの行き場所、行動をよそに

1人、海を見ながらボーっと時間を過ごすこと30分。

 

 

 

 

そろそろ「迎え」の電話が鳴りひびく頃・・・、

 

 

と思うのだが電話が来ない。

 

 

 

 

 

いつもならシメシメと、自分時間に浸かっていくのだが、

午後の展示会の予定を考えるとのんびりする訳にはいかず・・

 

 

 

 

 

携帯を片手に様子伺い。。

 

 

電話の先では、どうやら3歳児がアンパンマンミュージアムを

出た先の「あちこち」につかまっているらしい。

 

 

 

捕獲(←決して悪い意味では使っておりません)の要請をうけ

駐車場を経由してアンパンマンミュージアムへ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

到着後、待つこと10分。

 

 

 

 

通りの向こうに、上機嫌で歩きながら目に入るものすべてに

足をとられ、時速100mに満たない速さで移動する3歳児と

お連れ様ご一行。

 

 

 

 

「捕獲」に乗り出すべく視界に入るところまで行き

大きく手を広げてみると、先程のスピードとは打って変わって

時速 5 ㎞(←そのままの速さで進んだ場合の予想)に切り替わり、

こちらに向かってダイブ!!

 

 

 

 

楽しかったかい??

 

 

感想を聞こうとした次の瞬間には、

横にあったアンパンマンの石像へ瞬間移動。

(自分もアトラクションのひとつなのだろうか?!)

 

 

 

しばらくテンションの高い3歳児が、

みんなを引き連れて歩くのでした。。

 

 

 

 

 

 

 

その後ようやく次の行程へ向かうのだが、

電話先の自由人2人の高校生からは「お腹すいたー」

・・との事。

 

 

 

一足早めに南京町グルメに向かうのであった。

 

 

 

 

 

 

 

到着するなり、駐車場からすぐの所にあった

「肉まん」からスタート!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このあと数件のお店をハシゴして・・

 

 

 

 

それぞれが思い思いのグルメを楽しみ

南京町をあとにします。

 

 

 

 

 

 

車に乗り込んだ一行は、次の行程?! を確認。

 

 

 

 

(papa)これから展示会で三木まで行くけどどうする?

(↑今聞いてどうする(-_-;))

 

 

(こどもたち)   えー行かない。

 

 

 

(mama)  じゃあ、どこかに降ろして行こう!

 

 

(こどもたち)  イオンでいい。

 

 

(papa心の声)いやいや、なぜ神戸に来てイオン?!

 

 

 

・・・検索・・・

 

 

 

 

(papa)  水族館がある。

 

 

(こどもたち)  えー、 ・・でもそこでいい。

 

 

 

(papa心の声)  もうちょっと喜んでもいいんじゃない?

(mama心の声)  いつも通りの反応だわ。

 

 

 

 

(mama)  仲良くして楽しんでね。

(papa)  夕方には戻ってくるから!

 

 

 

こうして近くの「須磨水族館」に降ろされ、

子供たち4人は和気あいあいと、中に消えていくのであった。

 

 

 

 

次回、最終話につづく。

 

 

 

 

【CHIA】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エクステリアスタッフblog CHIA | 2018.01.27

DIY

.

.

棚が欲しくても、求めるサイズがない・・・

そんな時は、DIY。

.

昔風なら日曜大工ですね。

.

今回、予算も考えて、会社にある端材と近くの調達金具など。

.

.

.

      

.

.

     

.

.

長さ1.5mに幅350㎝のサイズ。

なかの物が風に飛ばされないようにフタ付。

これが、なかなか面倒でしたが

売り物までの精度はないにしろ愛着のある棚が完成しました。

.

.

.

この棚。コンシェルジュ店のドックガーデンの中に設置してあるので

ぜひ、来店の際には、出来栄えをみてくださいね。

.

棚の中に、ワンちゃん好きな人にとっての情報もはいってます。

※庭あそワンちゃんネットワークの各店の情報など

.

.

.

 

エクステリアスタッフblog MAS | 2018.01.25

家族旅行なのに仕入れ?!【第2話】

 

 

 

昨日からの続き。

 

 

 

 

朝5時。

 

 

早朝から、せわしなく旅立った一行は、

8時半の時点で、すでにキッザニア神戸の駐車場。

 

 

 

 

 

 

 

下調べがあまいので、とりあえず早めに乗り込もうと、

意気込むが、当日券すら買えないほど予約が多かったらしく

あえなく撃沈する小学5年。

 

 

 

そんな可哀そうな5年生に待ち受けていたのは、

3歳児のアンパンマンミュージアムデビューに

お付き合いするという試練。

 

 

 

 

出だしから予想外(いや、予想どおり)の展開に!

 

 

 

 

さらにここから普通でないのが、すべて別行動。

 

 

 

 

 

ウキウキとアンパンマンミュージアムの列に並ぶ

3歳児と、ふてぶてしく付き添う小学5年。

 

 

その横でチケットを買いに走る mama。

 

 

 

そんな中、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何があってもアンパンマンミュージアムにはお付き合い

できない高校生2人は、三ノ宮周辺に連れていかれ・・

 

 

お腹がすく時間になったら連絡するから南京町で会おう!

・・と言い残され、ショッピング街に消えていく。

 

 

 

 

 

 

1人、神戸の街でフリーになったpapaは、

ぶらぶらと散歩を始めるのであった。

 

 

 

 

 

 

 

いつ出てくるのか分からない3歳児とそのお供たち。

 

 

いつでも迎えにいけるように、近くを散策。

 

 

 

 

レンガ積の整然さに癒され、桟橋のハードウッドの

質感に癒され、オールドオリーブの幹姿に萌え。

 

 

 

 

 

 

 

 

このオリーブの木に導かれるように、

何となく行ってみたい方向へ歩いていると・・

 

 

 

 

 

 

 

鉄の魚が現れました!

 

 

 

 

 

近づいて見上げて、鉄網の質感に

萌え。。

 

 

 

 

神戸の街でも、1人、素材マニア旅を楽しみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこの鉄の魚のオブジェがあった場所は、

 

『FISH IN THE FOREST~TOOTH TOOTH×そら植物園』

 

 

 

 

 

 

 

巨大かつ個性的な植物があるオシャレな空間の中で

食事が楽しめちゃう場所だそう。

 

 

 

まだOPEN前の時間で入れなかったので、

外から物色。ちょっぴり仕事モードになった時間でした。

 

 

 

 

 

 

その後も1人ブラブラと・・、

 

 

 

 

 

 

メリケンパーク内を散策。

 

 

 

コンテナ看板を見つけ、

 

 

 

 

コンテナの説明を読んで大興奮!

 

 

 

 

 

 

 

スタバを見つけ・・、

 

 

 

 

 

 

 

落ち着きを取り戻そうと、ボーっとします。

 

 

 

 

怒涛のお迎え電話が鳴り響くその時まで・・・。

 

 

 

【CHIA】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続く・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エクステリアスタッフblog CHIA | 2018.01.20

pagetop

庭あそ株式会社
浜松市北区細江町気賀213 パンプキンズハウス内
エクステリア&ガーデン
アトリエ庭あそ

atelier niwaaso
浜松市北区細江町気賀213
パンプキンズハウス 2F
Tel : 053-523-9370 Fax : 053-523-9371
Open : 10:00am-5:00pm
※平日のご相談は午後2時から5時までとなります
定休日:水・木曜日
ショップ&ギャラリー
パンプキンズハウス213

pumpkins’ House213
浜松市北区細江町気賀213
パンプキンズハウス 1F
Tel : 053-523-3430 Fax : 053-523-3431
Open : 10:00am-5:00pm
定休日:平日(土日のみ営業)
ショップ&ギャラリー
コンシェルジュ676

concierge 676
浜松市北区細江町気賀676

Tel : 053-523-3430 Fax : 053-523-3431
Open : 10:00am-5:00pm
無休(年末年始、夏季休暇のぞく)

© niwaaso inc.