• sidebnr01
  • sidebnr01
  • sidebnr01

外構デザイン・設計・施工

blog

来客してくれるお客さんのために!! 続

 前回お話した天候の悪い状況の中、

.

 お約束した日に無事完成しました!!

     これも、急な工事段取りの変更も

.

協力してくれた職人さんに助けていただきました。

.

.

.

完成までの道のりをご覧ください!!

.

.

.

.

.

     今ある出入口のタイルと一体化するために差し筋アンカー使用

.

ポイント

     タイルに穴と、振動で余分な箇所が割れる可能性があるので

    先にタイルに切り込みをいれておくと安心です。

.

.

.

.

そして、完成形にむけて下地ブロックとフェンスの柱、下地モルタルと続きます。

.

  

.

 

計画した寸法に切断 ☛ 

.

 ☚ 左官さんの技 ☟

.

.

.

.

  上の工事を並行して、特別な機会で手すりの柱の箇所に穴あけ開始!!

.

 

.

.

.

 この日に塗り仕上げの予定でしたが、

.

  下地モルタルの乾きが悪くやむをえず明日に変更・・・

.

.

 この日は、3日遅れで塗装職人さんが駐車場のラインの施工に。

.

作業の間、明日の仕上げのためにヒーターで乾燥!!

.

.

そのかいもあり、塗り仕上げ完成!!

.

  

.

.

.

  残り1日。あとは風よけの板に、ポストや細かい調整・・・

.

   

.

.

そして、2月7日完成。2月8日から無事に通常営業できました。

.

.

 ぜひ、『カフェ ガク』さんご来店の際には

.

西風の具合や手すりなど気にしてみてください。

施工の様子 | 2018.02.19

色味を活かしたシンプルなエクステリア

 

 

 

本日ご紹介しますのは、ご新築にともなって

エクステリアのご提案をさせていただいたお客様。

 

 

 

 

 

 

直線を基調にブラックでまとめた外観のお家。

 

 

写真は引き渡し直後のもの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

印象的だったのは、エントランス部分。

 

 

少し奥まった場所へ玄関ドアを設けてあり、

そして扉もシンプルなブラック。

 

 

 

 

お施主様のこだわりが見えます。

 

 

 

 

そんなお家にマッチするよう、出来るだけデザインはシンプルに。

 

そして色味でバランスを取るようにいたしました!

 

 

 

 

 

 

 

完成後のエントランスアプローチ。

写真は玄関側から外をみたアングルです。

 

 

 

二つのスリットラインに導かれるような

真っ直ぐなデザイン。

 

 

 

コンクリート仕上げに絞ることで、ラインを強調させる

ことが出来ます。

 

 

 

 

 

一方、建物のテラス窓前には・・、

 

 

 

 

 

一直線の縁側風ウッドデッキをデザイン提案!

 

 

建物の両サイドの壁が張りだしていることから、

出幅を小さくしスッキリと見えるように・・。

 

 

 

 

デッキの色は敢えてのブラウン!

 

 

 

その訳は・・。

 

 

 

 

 

 

 

分かりますか?

 

 

お施主様が建物でこだわった切り替えカラー。

 

 

玄関ホールの天井や軒下、バルコニー下の天井は、

木目のブラウンを入れて、黒の重いイメージをお洒落に変えています。

 

 

 

そういった要素を踏まえて、デッキカラーも合わせたと

いう訳なんです。

 

 

 

 

 

 

もう一つ、お打合せの中でのご要望に道路からの目隠し。

 

 

 

 

 

 

 

こちらは引き渡し直後の写真。

場所は大きなテラス窓の前あたり。

 

 

ちょうど縁側風デッキに腰かけた時の

視線に一致します。

 

 

 

 

 

ご新築「あるある」なんですが、

家を建てたらウッドデッキを作って・・!

 

 

・・と、ウッドデッキのご要望は多いのですが、

ウッドデッキは付けたものの、外部から丸見えであまり

活用してないんです。

 

・・と言う声も、良く耳にします。

 

 

 

 

せっかく作ったなら、ぜひ活用してほしい!

 

 

 

そんな事もあり、お庭の前には先ほどの色味を合わせて、

木調のパーティションを設置しました!

 

 

 

 

 

 

 

構造物に使っている色合いは3つ。

 

 

基調となるブラックに対し、切り替えアクセントの

ブラウン。

 

 

そして残りはシンプルなコンクリート色。

大き目なプランターもコンクリート製を使用。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本カラーもシンプルに3つに絞る事によって、

たった1本の樹木が印象に残るようなデザインなんです!

 

 

 

 

 

 

 

お庭には芝生を貼りました。

 

 

冬の寒さをしのぐため、施工直後は少し多めの目土でカバー。

 

春になって暖かくなってくると、土の下から新芽のGREENが

顔をのぞかせてくれますよ。

 

 

 

 

夏に近づき緑に染まった芝のお庭で、家族団欒のシーンが

目に浮かびます。

 

 

 

 

 

今から既に楽しみが広がりますね。

 

 

 

 

 

アトリエ庭あそでは、皆さまの暮らしに寄り添った

エクステリアをご提案いたしております。

 

 

 

 

建物と一体になったエクステリアの空間は

価値を増します。

 

 

 

 

 

そこに、お施主さまのライフスタイルを組み込んでデザインされた空間は、

さらなる魅力をまといます。

 

 

 

 

自分らしいお庭やエクステリアってどんなのだろう?

理想の暮らしは描けるかな。

 

 

 

 

ご新築でも、リフォームでも、エクステリアのご相談は

お気軽にアトリエ庭あそまで、お問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施工の様子 | 2018.02.09

名古屋出張での体験【後編】

 

 

 

 

前回の続き!

 

 

 

 

 

 

ここは、そう!

 

開かずの扉。

 

 

 

 

ランチタイム真っ最中にも関わらず、扉は閉ざされたまま。

 

 

でも、扉すぐ右横に表示されている看板をみる限り

営業している様子。

 

 

 

 

そのデジタル看板には・・・、

 

 

 

 

一期一会を大切にし、「感」の気持ちをいっぱいにしたいと

思うことこそ 世に生まれ、伝える使命

 

 

・・の文字。

 

 

 

 

 

 

 

行くしかないでしょ!!

 

 

 

 

 

 

 

その大きな扉を開きにいきます。

 

 

 

するとすぐにお店の方が駆け付けてくれて、

素敵な笑顔で声をかけてくれるではないですか(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

扉の内側。

 

 

 

 

 

すぐさま席の確認をしてくれ、私たち3名は予定にもなかった

扉の向こう側へ吸い込まれていくのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご用意いただいたテーブルへ!

 

 

 

 

 

 

 

 

店内はとても心地のよい空間。

 

 

 

空間は洗練されているが、そこにある人の息遣いや

動き、笑顔がその洗練された空間を包み込んでいる。

 

 

 

 

 

その一度きりの時間を大切にしようとしてくれる配慮が、

知らずと伝わってくる。

 

 

 

 

 

 

 

メニューを提示しながら、この後のお時間の猶予を

伺ってくれた。

 

 

 

 

店員さん:『コース全体で1時間半ほどは必要になって

しまいますが、この後のご予定はお時間よろしいでしょうか』

 

 

 

 

 

 

そう聞かれた先に、頭にふと浮かんだセミナーの開始時間。

 

 

 

 

 

私:「・・んー、大丈夫です!」

 

 

 

 

 

 

そのギリギリ感を察してくれた店員さんは、

丁寧ながらも手際の良い段取りを組み始めていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはオードブルから。

 

 

 

 

見た目にも美しいその料理は、味はモチロン

素材や演出にいたるまで、こだわりを感じられる逸品。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとつひとつ丁寧に料理の説明をしてくれながら、

会話の中に「キッカケ」をいくつも振りまいてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

カメラを片手に座っていると、

 

「美味しく撮ってくださいね!」  

 

 

・・と、満面の笑顔でのプレッシャー‼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、何故かブレる。。

 

 

 

 

 

 

私:「このお皿は光が入ってキレイですね。

  そして写真にキレイに収めるのが難しいですね。」

 

 

 

 

そう言って、自分のカメラテクニックの無さを

1人カバーしてみる。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうもしていると現れた品。

 

 

 

 

 

お!これは。

 

 

海のような濃い塩味スープの中に浮かぶ

白子・ウニ・イクラ。

 

 

 

北海の・・・

 

 

 

 

 

そして次の瞬間。そそがれたのは液体窒素!

 

 

 

 

 

体験型のアレですよ。

 

 

 

ノーマの映画を見てから、ちょっと体験してみたかった

シーンの一つ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スープの表面だけが一瞬で氷になり、

まるで氷河におおわれたかのような演出。

 

 

 

 

 

 

シャリシャリと氷を割って、一緒に食べる食材は

塩分と冷たさが混じり合って「」を伝えられました。

 

 

 

 

 

 

 

終盤にさしかかった、メインディッシュの直前。

 

 

 

 

 

ズラッと並ぶナイフ達が登場!

 

 

 

 

 

この意味は・・・。

 

 

 

 

ここはぜひ、あなた自身で体感してみてください!

 

 

 

 

 

私は見事に・・・(-_-;)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気を取り直して、美味しいお肉をいただきながら・・

 

 

 

 

 

 

 

そして最後!

 

 

 

やはり別腹! 最後の〆に。

 

 

 

 

 

 

 

 

写真のごとく、マカロンやアイスに踊らされ・・・

 

 

 

 

 

 

ギリギリと言った時間をやや過ぎながらも、とっても素敵な

時間と体験を楽しめたのでした‼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

偶然の出会いから「喜び」や「笑顔」を生み出していく。

 

 

 

 

 

日常にはそんなキッカケはたくさん落ちているのに、

どれだけの人が「喜び」や「笑顔」に変えられているのだろう?

 

 

 

 

 

 

 

自分たちもエクステリアという仕事を通して、

そんな幸せな「キッカケ」を提供できたらなと

思った一日でした。

 

 

 

 

 

 

BIG  THANKS   GRAND  DIA

 

 

 

 

 

【CHIA】

 

 

 

 

 

エクステリアスタッフblog CHIA | 2018.02.09

名古屋出張での体験【前編】

 

 

 

昨年の秋頃から、いつもに増して忙しく

少しじっとしていれば良いものの、ついあれこれ動いてしまい

4月末のイベントまで、何の余裕もない感じ。

 

 

 

そう言いながらも、「次」の何かが来ることを楽しみにしている自分。

 

 

 

 

静かにじっとする方法を見つけに行かなければ・・。

 

 

 

 

 

 

そんな訳で、ネタが貯まりに貯まっているので、順番にご紹介!

 

 

 

 

 

本日の話は、実は・・昨年の秋、11月のこと・・。

 

 

 

 

勉強会を兼ねて名古屋に出張に行った時のこと。

 

 

セミナーの開始よりだいぶ早めに会場近くに着いたので、

どこかいい所・・と、口コミをたよりに行ってみましたコチラ!

 

 

 

 

 

 

 

2017年の10/5にOPENしましたグローバルゲート。

 

 

 

写真は地下駐車場の入口にあった案内板ですが、

期待がもてそうです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビル内では、さっそく大好きな素材感を発見!

 

 

 

建物のデザインやショップも素敵ですが、そういった場所では

必ず素敵な素材に出会えるんです!

 

 

 

 

 

素材だけではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだOPEN前の店前シャッター。

 

 

こちらも◎。

 

 

こう言ったら失礼かもしれませんが、開いているより

このシャッターで閉じている状態のほうに魅力を感じてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

外に目を向けてみると・・、広く開放的な屋外テラス。

 

 

 

 

 

 

デッキを囲むように沢山の木々が、

心地の良い空間を生んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

壁面にもビッシリと緑化されており、

スタイリッシュな直線デザインとも相性ピッタリ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空中廊下のようなGREENのトンネルの先には、

こんなスリリングな空間も。

 

 

 

もちろん先には進めないようになってますが、

この抜け感がきもちいい。

 

 

 

 

 

 

 

 

建物内でも一際おしゃれなお店

 

garage

 

 

 

 

 

 

 

豊橋にもある植物をあつかうお店。

こちらの名古屋店もとっても素敵でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

なんて言っても看板からして、そのおしゃれ感を

物語っています。

 

 

 

 

 

 

しばらく建物内をブラブラして、セミナー会場に移動前に

ランチを・・!とお店を探していたら、

 

 

 

 

目の前に現れたのは、扉を閉ざしているお店!

 

 

 

 

 

 

 

扉の前にたっても自動で開くわけでもなく、

看板らしきメニューらしきものはあるのだが、

そしてやっていそうなのだが・・、

誰も出入りしていない。

 

 

 

 

 

開かずの扉?!

 

 

 

 

これは気になります‼

 

 

 

 

次回に続く。

 

 

 

 

【CHIA】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エクステリアスタッフblog CHIA | 2018.02.07

来店してくれるお客さんのために!!

.

今回のご依頼を頂いたお客様は『カフェ ガク』様。

.

庭あそパンプキンズハウスの近くにある、おいしいランチが食べれるお店です。

.

数年、営業していながらお客さんの来店の際に気になっていた箇所を

.

より良く来店して頂けるようにリノベーションさせていただきます。

.

.

.

.

.

.

お客さんのご要望は大きくわけて3つ!!

.

.

.

.

★駐車場に目じるしもないのでとめやすく改善。

.

.

.

.

★出入りの赤いドア!!

西風が強くて開けにくいので風を防止したい。

それに伴って、全体的にデザインしてほしい・・・

.

.

.

.

  ★地元の年配の方もおおいのでスロープにしてあるので

 もうひとつのアイテムとして手すりをつけたい。

.

.

 

.

.

.

.

 これらの要望を考えつつ、自分もひとりのお客さんとしてランチに・・・

.

その体験の含めてご提案。そして工事の始まりです。

.

.

.

  

 .

.

工期は『カフェ ガク』の休日の2/1~2/7まで。

初日から曇/雨!! 2日目もあまり天気が・・・

※ちなみに、自分雨男。

.

約束の工期を守るために、職人さんなどの段取りを組み直しつつ奮闘中。

.

.

今まさに工事真っさい中。 今後の展開をお楽しみに!!

施工の様子 | 2018.02.05

先行入手!貴重な1冊 『Xerophile』

 

 

 

昨日に代官山の蔦屋書店で発売が始まった書籍。

 

 

 

その名は

 

 

『Xerophile』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サボテンマニアはモチロン!

植物フォトグラフファンからは絶賛されそうな逸品!

 

 

 

ロサンゼルスでカルト的な人気を誇る園芸店

『Cactus  Store』が手掛けた写真集。

 

 

 

 

 

 

『Xerophile』は、過去80年間にわたり自生地で撮影された

膨大な植物記録の中から厳選し構成された1冊だそう。

 

 

 

 

 

サブタイトルには、

Cactus Photographs from Expeditions of the Obsessed

サボテンの虜となった者たちの探検記録写真

 

 

 

・・・とある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、発売より一足はやく並行輸入品を入手!

 

 

さっそく中身を覗いてみると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真の美しさや貴重性だけでなく、

その表情や背景までも時代の歴史を感じさせてくれる

1冊となっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サボテンマニアでなくても、自宅の本棚に1冊

ストックしておきたいお洒落アイテム。

 

 

 

 

 

 

 

明日からコンシェルジュ店のレジ後ろに展示しておきますので、

ご興味あるかたはぜひ、スタッフにお声をかけてみて下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日も、皆さまのお越しをお待ちいたしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エクステリアスタッフblog | 2018.02.03

研修いってきました!

 

 

浜松では連日寒い日が続きますが、先週はさらに寒いところに行ってきました!

 

 

愛知県犬山市にあります「100人乗っても大丈夫!」のイナバの物置の

 

 

CMでおなじみの稲葉製作所に1泊2日で研修に参加してきました!

 

 

一日目は雪はうっすら積もる程度でしたが、2日目の朝には

 

 

道が渋滞するほどに雪が積もっていました:;(∩´﹏`∩);:

 

 

 

 

 

そんな中、稲葉社長のご挨拶から始まり

 

 

稲葉製品の魅力などを勉強したり

 

 

工場見学で物置の実際の制作工程を見て周ったり

 

 

イナバ物置を実際に組み立てるなどをしてきました。

 

 

それぞれチームに分かれて組立競争をしましたが、

 

 

 

 

結果は6チーム中5位…残念

 

 

二日間でしたが、様々な方々とお話ができて良い経験となりました。

 

 

 

 

 

また明日から…(ง •̀_•́)งガンバル

 

【ZUNO】

エクステリアスタッフblog zuno | 2018.02.01

物置には見えない、オシャレな小屋のような物置のあるナチュラルガーデンのお庭

昨年の秋に、南欧風のタッチがオシャレで

まるで大工さんが建てたような小屋のような物置が

新発売された記事を

“庭あそ”トピックスでも、お知らせした

 

 

 

↑庭あそが手掛けたお庭  浜松市浜北区 K様邸

 

 

 

…こちらはカタログのお写真ではなく

浜松市浜北区に、昨年末、実際に取り付けさせて頂いたもの

 

お住まいを新築されたときに植え込まれた樹木たちは

南向きのお庭で、日差しをタップリと浴びて

スクスクと成長…

 

新たにシュナウザーの“ムック”君を家族に迎えて

慣れ親しんだ樹木を整理して

愛犬とお庭で遊べるよう、リフォームをさせて頂いた

 

 

 

 

 

物置を置く前は、道路側に沿って

お庭を遮るように、多くの木々の植込みが…

 

 

 

 

 

 

大きなシンボルツリーであるシマトネリコのみ残して

後は全て、一旦取り除いていく

 

 

年末も押し迫った中、現場スタッフが快く

日曜日の作業を引き受けてくれ

正直、ありがたかった

 

 

 

休日の作業は、あいにくの雨…

 

 

吐息が白くなるほどの寒い中、ご家族のかたに見守られ

植え込まれていた植物が、キレイに取り除かれた

 

 

 

 

 

 

日が変わって、物置を設置するところに

転倒しないよう、基礎を作る作業

 

 

 

 

 

縁は物置の雰囲気に合わせて、レンガで囲っていく

 

 

 

 

 

物置とフェンスに合わせて、ポストも新しく取り付けることに!

 

 

既存のポストと同じ位置にある舗装面を削って

ポストを取り付けていく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とても仕事が丁寧で、しかも早いこちらの職人さん

手際の良さを見ていると、「さすが」と思わず

声が出そうになるほど、気持ちがいい!!

 

 

 

 

 

 

 

フェンスが取り付けられ、この後、オシャレな物置が完成していく

 

 

完成現場は、“HamaZo blog”にて紹介しているので

こちらも、ぜひ、ご覧になってみて欲しい

 

 

 

慣れ親しんできた庭木を整理して、新しい“家族”であるワンコと駆け回るお庭にリフォーム!≫

施工の様子 | 2018.01.29

家族旅行なのに仕入れ?!【最終話】

 

 

 

 

前回からの続き。

今回いっきに最終話。

 

 

 

 

 

 

 

8:30のガラガラなキッザニア神戸の駐車場。

 

 

でも予約でいっぱい入れず。

 

 

 

アンパンマンミュージアム

 

 

はしゃぐ3歳児ほか、一時解散!

 

 

 

 

空腹により集合し、各自好きなものを

食べ歩き!

 

 

展示会組(親)と 水族館組(子)が分かれて

再度分散。

 

 

家族旅行なのに、なぜか仕事の展示会場へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ガーデンやインテリアにもおススメな

大きなプランター類を取り扱うメーカーさんへ!

 

 

 

新作を見たり、掘り出し物を見つけたり、

新たなステキな出会いがあったりと・・

 

 

 

今しか出来ない体験をして、子供たちのもとへ・・。

 

 

 

 

 

 

水族館に降ろしてからすでに3時間。

 

 

さすがにどうしてるのかな?

 

 

なんて思って電話をすると、とっくに水族館を脱出して、

11月の人気のない浜辺ではしゃぎまわっている4人。

 

 

 

 

どんなところでも自分たちの最高の場を見つけるんだな・・、

と、感心しました。

 

 

 

 

 

 

普段は夫婦そろって仕事に追われ、

それでも好きだから一生懸命にこなし、

 

 

そんな親の背中をみながら、

それぞれが個性一杯に育っていく。

 

 

 

 

 

 

たまにの家族旅行だから・・・、

 

 

家族全員が揃って出かける時間なんて

そうそうないし・・、

 

 

 

そんな思いも何のその、

子供たちはいつも通り。

 

 

そんな自分たちもいつも通り。

 

 

 

 

 

 

どんな所でも、どんな時でも、

いつも通りの関係。

 

 

 

 

そんな関係こそが家族なのかな・・と

 

 

 

何もない「日常」の幸せを再確認できた日でした。

 

 

 

 

 

 

早朝から始まったハードな1日目。

ちょっと変わった行程の家族旅行。

 

 

 

 

 

 

 

一日の終わりに、夜景のキレイなレストランで

ゆっくりと時間を過ごします。

 

 

 

 

 

 

 

みんなの記憶に残るような時間。。

 

 

 

 

 

 

六甲の夜景を眺めながら・・

ホテルでゆったりと・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出来ない!!

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら・・!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホテルの部屋をせわしなく行き来する子供たち。

 

 

 

いやいや、ホテルに到着する前にも・・

 

 

六甲山の山頂付近でガソリンがなくなり、

JAFがガソリン10Lを持って山頂上のホテルまで

駆けつけてくれたり・・

 

 

 

 

 

 

余りの寒さに・・

 

 

 

 

ピンボケ写真しか残っていない・・。

 

 

 

 

 

次の日の予定を決めていると

まさかのユニバーサルコールが。

 

 

 

2日目、また朝早くコンビニ朝飯で旅立ち

一日中あるき回りのユニバーサルスタジオジャパン。

 

 

 

 

 

 

その日は大阪のホテルに移動し、

またその翌日も、難波~道頓堀~アメ横など食べ歩き!

 

 

 

 

 

一緒に見たかった「司馬遼太郎記念館」へは、

時間内にたどり着けずに・・断念。

 

 

 

 

一行はその足で名古屋へ。

 

 

 

 

その夜にはセントレア空港に向かい、

翌日からカンボジア入りするmamaを見送り。

 

 

その後・・

 

 

 

日にちも変わった深夜に、やっと自宅に帰りつく。

翌日には保育園への送迎。

 

その足で仕事へ・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり、

 

相変わらずゆっくり出来ない弾丸旅行。

 

 

 

 

でも・・、

 

 

 

家族には忘れられない

記憶に刻まれた旅行になりました。

 

 

 

 

 

いろんな意味で・・・ 終。

 

 

 

 

 

 

【CHIA】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エクステリアスタッフblog CHIA | 2018.01.28

pagetop

庭あそ株式会社
浜松市北区細江町気賀213 パンプキンズハウス内
エクステリア&ガーデン
アトリエ庭あそ

atelier niwaaso
浜松市北区細江町気賀213
パンプキンズハウス 2F
Tel : 053-523-9370 Fax : 053-523-9371
Open : 10:00am-5:00pm
※平日のご相談は午後2時から5時までとなります
定休日:水・木曜日
ショップ&ギャラリー
パンプキンズハウス213

pumpkins’ House213
浜松市北区細江町気賀213
パンプキンズハウス 1F
Tel : 053-523-3430 Fax : 053-523-3431
Open : 10:00am-5:00pm
定休日:平日(土日のみ営業)
ショップ&ギャラリー
コンシェルジュ676

concierge 676
浜松市北区細江町気賀676

Tel : 053-523-3430 Fax : 053-523-3431
Open : 10:00am-5:00pm
無休(年末年始、夏季休暇のぞく)

© niwaaso inc.